男女

サービスを徹底比較して選ぶ老人ホームを探そう

老人介護施設の選び方

手

施設の特徴と費用から選ぶ

日本にある唐人施設は介護保険が使える老人ホームと有料老人ホームに大きく分けることができます。介護保険が使える老人ホームは、さらに特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設に区分されます。いずれも介護や病気の治療が必要な方や障害のある方が入居する施設で健康な方は入居できません。施設の利用料が低額なので需要が多く空き待ちの状態となっています。人気がある施設では1年以上空き待ちの状態となっており直ぐに入居することは難しいと言えます。これに対して民間業者が運営している有料老人ホームは60〜65歳以上の方なら誰でも入居可能です。香川の有料老人ホームには自立型の施設があり健康な高齢者が入居しています。食事などのサービスを受けながら自由に過ごすことができます。ただし、慢性の病気にかかったり介護が必要になったりしたときは、介護付きの施設に移動することになります。香川の介護付きの有料老人ホームは要介護1度以上の方や障害がある高齢者が入居している施設です。食事や排せつなど全てにおいて介護サービスを受けることができます。要介護認定を受けている方はこちらの施設がおすすめです。この他に自立型と介護型が混合している有料老人ホームもあります。このタイプの施設では元気なうちに入居してそのまま介護サービスを受けることが可能です。これは入居者の健康状態を重視した場合の選び方です。老人ホームを選ぶ時は費用の違いも重要なポイントです。香川の有料老人ホームでは、入居する際に入居一時金と毎月の利用料がかかります。香川の入居一時金の相場は最低で0円となっており最高でも数十万、利用料は10〜20万円台が殆どです。費用面やサービス内容をよく確認して決めるようにしたいものです。